胃潰瘍とは

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは、胃酸がなんらかの原因によって胃粘膜を消化し、胃の壁がただれて傷ついた状態です。40代以降の人にみられる事が多いです。原因としては、胃は、胃粘膜を分泌して、胃酸から壁を守っていますが、過労や精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れると、胃酸と胃粘液のバランスがくずれて胃粘膜が傷害されやすい状態になり、胃酸が胃の粘膜を傷つけて潰瘍ができます。近年、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)という胃酸の中でも生き延びられる細菌が原因としてわかってきてます。症状として多いのは食事中や食後に、みぞおちから左にかけて出る鈍い痛みです。ただし痛みの程度は人によってさまざまで、全く痛みを感じない人もいます。また胸やけ、すっぱいゲップ、吐き気などを感じることもあります。
症状がひどくなると、黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便が出ることもあり、その場合には、胃の内部で出血している可能性が考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »