糖尿病

糖尿病とは

糖尿病とは、国民の5人に1人以上が患者かその予備軍と言われている病気で、インスリン(ホルモン)の作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。インスリンはすい臓で作りだされて血糖を正常範囲に保つ役割をしますが、インスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまうのです。一度発症したら完治はしないものの、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能でが、そのためには食事療法、運動療法が必要で、場合よっては薬を使用することもあります。

糖尿病には大き2つのタイプに分けられます。

2型糖尿病 (インスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病)

主な症状

  • 疲労感
  • 皮膚が乾燥して痒い
  • 手足の感覚が低下する、または、チクチク指すような痛みがある
  • 感染症によくかかる
  • 頻尿
  • 目がかすむ
  • 性機能の問題 (ED)
  • 切り傷やその他の皮膚の傷が治りにくい
  • 空腹感やのどの渇きがひどくなる
1型糖尿病(インスリン欠乏による糖尿病)
  • 普段よりのどが渇く
  • 頻尿
  • 急激な体重減少
  • 疲れがひどい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »