更年期障害とは

更年期障害とは

更年期は誰にでも訪れる期間ですが、その間に更年期障害を感じるかどうかは個人差があります。不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。どんな症状を感じるか、その数や種類も人によって異なりますし、同じ症状でも日によって出方やつらさが違うこともあります。”更年期”とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。初潮の年齢が人それぞれに異なるように、閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後と言われています。このため、一般的には45~55歳が”更年期”と言われています。主な症状としては、だるい・疲れやすい のぼせ・ほてり・多汗 手足の冷え腰痛・肩こり・頭痛 めまい・たちくらみ・耳鳴り・動悸・手足のしびれ・関節の痛み・からだのかゆみ・肌や目・口の乾燥 イライラ・不安感 不眠 尿トラブルなど様々な症状があります。

原因としては、45歳を過ぎるころから、女性ホルモンである”エストロゲン”の分泌が急激に減少することで起こります。エストロゲンの分泌量が減少すると、今までエストロゲンによって調節されていた、からだのいろいろな機能がうまく働かなくなります。エストロゲンが低下すると脳は卵巣に対して、もっと女性ホルモンを出すようにシグナルを送りますが、その際に、シグナルが周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなります。女性ホルモンの急激な減少にからだがついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »