自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことで、内臓や器官の病変によるものではないので病院で検査をしても「異常なし」と言われます。症状としては様々で、体の一部が痛くなったり具合が悪くなったり精神的に落ち込んだりで、人によって様々な症状が特徴です。自律神経系の様々な種類の自覚症状なので症状のあらわれ方が非常に不安定です。遺伝体質、性格、ストレスの感受性により症状の出方も様々であると言われ、治療は心身両面から柔軟に行うことが必要になります。定義や概念については多くの考え方があり、また正式な病名ではありません。

原因は

  • 生活のリズムの乱れ
  • 過度なストレス
  • ストレスに弱い体質
  • ストレスに弱い性格
  • 環境の変化
  • 女性ホルモンの影響

などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »