インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザは風邪とは全く症状が違い、風邪は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもありますが、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザの種類は、ヒトに感染するタイプはA型・B型・C型の3つがあり。

・A型は症状が重篤になる傾向があり、死に至ることもあります。また感染力が強いため、大流行を起こしやすいです。

・B型は、A型よりも症状が比較的軽く、限られた地域で流行するケースが見られます。

・C型は鼻かぜ程度の軽い症状ですむことが多いウイルスです。

これらインフルエンザの予防にはマヌカハニーがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »