口内炎

口内炎とは

口内炎とは、口の中や周辺の粘膜に起こる炎症の総称で。口腔内に白い膜状なものが発生し周りが赤く炎症を起こして痛みを伴うもので、食事の時や歯磨きをする時など、患部に刺激を与えるとさらに強い痛みを感じます。主にほおの内側や歯ぐきなどにできやすいです。特定の場所にできる場合は、歯ぐきにできれば「歯肉炎」、舌にできれば「舌炎」、唇にできれば「口唇炎」、口角にできれば「口角炎」と呼ばれます。

口内炎は様々な原因がありまして、口腔内にできた傷や栄養不足、精神的なストレスの他に口腔内への刺激や食事から受ける刺激、そして歯磨き粉などが発生リスクを高めると言われています。一般的にもっとも多くみられる口内炎のアフタ性口内炎の原因は、実ははっきりしていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)が原因とされています。他にもウィルスが原因の単純ヘルペスウイルスの感染で起こるヘルペス性口内炎(口唇へルペス)や、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因のカンジダ性口内炎などがあります。そのほかにも、梅毒・淋病・クラミジアなど、STD(性行為感染症)による口内炎もあります。

これら口内炎はマヌカハニーで十分治療することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »