スーパーフード:マカ

マカ

マカは、南米ペルーのアンデス山脈に自生するアブラナ科の植物で、効果があるとされるのはマカの球根で、約2000年前にすでにアンデス高地で栽培されていました。栄養価が高く、古くからスタミナ源として重宝されており、インカ帝国の時代には特権階級の食べ物であり、兵士への褒美でもありました。今ではスーパーフードの代表的存在でもあります。栄養価が高い理由は球根の部分にアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を含んでいることです。主成分は炭水化物ですが、たんぱく質が豊富でたんぱく質を構成するアミノ酸のうち、老化を予防するアルギニンをはじめ、必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。他にも食物繊維やミネラル、ビタミンのほか、アントシアニンやサポニンなど、多くの栄養成分が含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »