スーパーフード:ココナッツオイルの効果・効能

ココナッツオイル

今何かと話題のココナッツオイル、スーパーとかでもよく見かけると思います。人気があるのはそれなりの効果があって人気があるようです。ココナッツオイルは、ココナッツの種子内部の胚乳から抽出されるヤシ油のことです。ココナッツオイルがここまで注目されるのは、中鎖脂肪酸が約60%近く含まれていることから体に良いのです。中鎖脂肪酸は水に溶けやすい性質をしており約5倍も早くエネルギーに変換してくれます。その為、中鎖脂肪酸は少量でも健康にとても良い成分です。またケトン体と言う成分も含まれており、ケトン体は、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸を纏めたことの名称で、ケトン体とは体のエネルギー源であり、ブドウ糖が亡くなった時に活躍してくれるエネルギー源です。ケトン体は肝臓で脂肪が分解される時にできる成分でブドウ糖よりも脳に良い影響を与えてくれます。また注目すべき点としては老化の原因ともされている活性酸素を無害化する、抗酸化作用があることです。何かと活性酸素が話題にもなっているので若々し保つには活性酸素を取り除くことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »