スーパーフード:ドラゴンフルーツの効果・効能

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツとは、本来の名は“ピタヤ”で一般的にはドラゴンフルーツと呼ばれており、メキシコや東南アジア原産のサボテン科の果物です。ドラゴンフルーツは栄養豊富な果物でビタミンB1・B2、葉酸、ナイアシン、ビタミンC、カロチン等のビタミン類の他に、カリウム、マグネシウム、鉄等のミネラル類が豊富に含まれており、他にも食物繊維や、老化防止に役立つポリフェノール、アントシアニン等の抗酸化物質、解毒作用をもつアルブミンも含んでおります。ドラゴンフルーツが注目されているのは、カリウム、マグネシウム、葉酸が豊富な事です。他にも食物繊維はバナナの65倍ほどでカロリーも低めで100g当たり50kcalです。特にカリウム、マグネシウムは果物の中でトップクラスです。カリウムが豊富な事から体内の水分量調節機能にも関わっているためむくみ対策に効果的で、食物繊維も多いことから整腸効果や便秘解消効果も期待できます。また食物繊維が水分を吸着して数倍~10倍に膨れ上がるためダイエット食としても効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »