スーパーフード:ブラッククミンシードの効果・効能

ブラッククミンシード

ブラッククミンシードとは、一年生植物ニゲラ(セイヨウクロタネソウ)の種子のことです。ブラッククミンシードの歴史は古く古代ローマにまでは毒ヘビやサソリによる傷の治療や、関節炎や筋肉の損傷などを癒すマッサージオイルに使われていました。”死”以外は治せるとも言われていたこともあるブラッククミンシード。ブラッククミンシードがスーパーフードとして注目を浴びる訳には豊富な栄養素です。ビタミンB1、B2、B3、葉酸、オメガ6、オメガ9、そのほか鉄分やカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれていからです。また近年の研究結果からブラッククミンシードオイルの精油から脂肪酸、タンパク質、アルカロイドを含む100種類以上の有効成分が含まれているとわかったそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »