ビタミンAの効果・効能

ビタミンA

ビタミンAとは、レチノール・レチナール・レチノイン酸の3種類とあります。主に動物性食

品に含まれ、皮膚や粘膜の正常保持・視覚の正常化・成長および分化に関与しています。その

為ビタミンAが欠乏すると皮膚や粘膜の乾燥・夜盲症・成長障害・胎児の奇形などを引き起こ

す危険性がありますが、ビタミンAは肝臓で十分に貯蔵されているため不足する危険はほとん

どありません。逆に過剰摂取してしまうと体内に蓄積され頭痛、吐き気、発疹、脱毛、筋肉

痛、疲労感、皮膚の角質化、肝臓肥大など、多くの不調を引き起こします。

ビタミンAの主な効果は、粘膜を保護、骨や皮膚の作り替えや、視力が悪くなるのを予防、肝

臓機能の正常化等があります。

ビタミンAを摂取する上で、注意したいのは、ビタミンAは脂溶性のため、食材を水洗いしても

ビタミンAが失われる心配はありませんが、熱にはやや弱く、酸化、乾燥、高温で壊れやすい

性質を持っていますので調理する際は注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »