ビタミンDの効果・効能

ビタミンD

ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。この中にはビタミンD2、ビタミンD3も含みます。 ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、骨の代謝に関係しており丈夫な骨を作る作用があります。その為、カルシウムDが不足すると、子供ではくる病、成人では骨軟化症が発症しやすくなります。他にもビタミンDには免疫力を高める働きもあります。

ビタミンDは脂溶性のビタミンのため調理過程での損失が少ないです。しかし、ビタミンDを含む食品は非常に限られていて、野菜や穀物にはほとんど含まれておらず多く含むのは魚介類や、きくらげ、干ししいたけなどきのこ類に含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »