ビタミンEの効果・効能

ビタミンE

ビタミンEは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。抗酸化作用の強いビタミンでもあり、体内の脂質の酸化を防いでくれる働きをしています。抗酸化作用は近年注目を浴びている作用で、体内の活性酸素を除去し細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することです。他にもビタミンEは男性の場合は精巣の機能を高め、精子の数を増加させたり、女性の場合は女性ホルモンバランスを整え、妊娠率を高めてくれます。実は名前もビタミンEはトコフェロールとも言いますが、”子供を産ませる”意味でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »