ビタミンKの効果・効能

ビタミンK

ビタミンKは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。主に出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化たり、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し、骨の形成に関係してきます。その為、ビタミンKは骨粗鬆症の予防効果にもつながります。ビタミンKを効率よく摂取するにはあぶらに溶けるので油と一緒に摂るのが良く、吸収率は一緒に食べる食べ物のあぶらの量などによって大きく変わってきます。抗生物質などを長期に渡って摂取している方はビタミンKが欠乏しやすいので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »