ビタミンB1の効果・効能

ビタミンB1

ビタミンB1は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、別名チアミンと呼ばれています。

解糖系やクエン酸回路の代謝の一部で補酵素として働くため、糖質からのエネルギー産生に深く関与してしています。その為、ビタミンB1の摂取が不足すると、糖質がエネルギーに変換されにくくなります。他にも、食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状があらわれたりします。ビタミンB1が不足する原因として、糖質の多い食品やアルコールを多量に摂取した時はビタミンB1の利用が高まり不足しやすくなります、また類、わらびやぜんまいなどの山菜、鯉や鮒などには、チアミナーゼという成分があり、このチアミナーゼはビタミンB1を分解してしまう酵素ですので食べ合わせや、チアミナーゼを多く摂った際はビタミンB1の補給をするのをお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »