ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB6

ビタミンB6は、水に溶ける水溶性ビタミンでピリドキシンとも呼ばれるビタミンB群の一種です。主にアミノ酸代謝の補酵素でたんぱく質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。腸内細菌によって体内でもつくられています。ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に必要で、たんぱく質を多く摂取している人はビタミンB6も多く摂る必要があります。ビタミンB6が欠乏すると口の周りが荒れる、口内炎、皮膚病、筋肉のけいれん、手足のしびれ、記憶力の低下、うつ状態、貧血、むくみ、アレルギー等の原因となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »