ビタミンB12の効果・効能

ビタミンB12

ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種でコバラミン若しは赤いビタミンとも言います。赤血球の形成や細胞の遺伝物質であるDNAの合成に必要です。ビタミンB12は、正常な神経機能にも必要です。他の大半のビタミンと違い、ビタミンB12の場合は体が必要とする量は微量で必要なときまで、十分な量(数年分)が主に肝臓に蓄えられています。ビタミンB12は細胞が分裂する時に不可欠な補酵素で、血液中の赤血球と結合し、酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンの合成を助ける働きをしており、ビタミンB12と葉酸と協力し合い赤血球を作っています。その為ビタミンB12が欠乏すると貧血の原因となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »