パントテン酸:効果・効能

パントテン酸

パントテン酸とは水にとける水溶性ビタミンのひとつです。以前はビタミンB群の中では5番目に発見されたことから、ビタミンBとも呼ばれていました。パントテン酸は多くの食品含まれておりかつ、腸内最近の働きによって体内で合成することも出します。主な働きとして糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割とコレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係し皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもしています。パントテン酸の注意点として熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によって損失しやすいのが特徴です。パントテン酸が欠乏すると疲労感や頭痛、食欲不振、手足の知覚異常を起こすことがありますがパントテン酸が欠乏することは殆どありませんので気にすることは無いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »