ビオチン:効果・効能

ビオチン

ビオチンとは水に溶けやすい水溶性のビタミンで以前はビタミンHやビタミンB群とも呼ばれていました。ビオチンはエネルギーの代謝を助け、皮膚や粘膜の健康維持に役立つなど、人間には欠かせない栄養素で、ビオチンは体内で肝臓、腎臓、筋肉、乳腺、消化管の順に多く存在し、アミノ酸や脂質の分解と代謝を助ける働きを担っています。ビオチンは腸内で善玉菌によって合成されますが、喫煙や飲酒、不規則な生活などによって体内での合成量が減少し、不足してしまうことがあります。ビオチンが欠乏してしまうと湿疹などの皮膚炎、結膜炎、舌炎、知覚過敏や脱毛、白髪が増えたりしますし他にも無気力、疲労感、憂うつ、蒼白、吐き気、運動失調、筋肉痛、けいれん、緊張低下などが見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »