ビタミンB13:効果・効能

ビタミンB13

ビタミンB13はビタミンと似た働きをするビタミン様物質で別名、オロット酸とかオロト酸とも呼ばれます。主な働きとして葉酸やビタミンB12の代謝を助ける働きがあります。他には、老化防止効果、肝臓障害の予防効果があるのですが、ビタミンB13はまだまだ不明な点も多くまだ研究の段階でもあり今後に期待されています。

根菜、小麦胚芽、ビール酵母などに多く含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »