ビタミンB15:効果・効能

ビタミンB15

ビタミンB15は、ビタミン様物質で別名パンガミン酸とも言います。ビタミンEに似た働きをする栄養素です。ビタミンEに似た働きをすることから活性酸素からからだを守るなどの抗酸化作用の他、肝機能を向上させる働きから解毒作用、肝硬変予防、免疫力強化、アトピー、関節炎、疲労回復などがあると言われておりますが、ビタミンB15自体が研究段階の成分で人間に対して本当に有効か否かはまだ明確になっていないのが現状です。ビタミンB15は、ゴマ、かぼちゃの種、玄米、小麦、ビール酵母などに、多く含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »