コリン:効果・効能

コリン

コリンとは、ビタミンBの一種と考えられている水溶性のビタミン様作用物質で、イノシトールと共に脂肪肝を防ぐ栄養素として発見され、イノシトールと同様の働きがあり、体内で合成される、レシチン、アセチルコリンの材料でもあります。コリンの主な効果として肝炎や脂肪肝、動脈硬化を防ぐ効果があるため、脂肪やアルコールの摂取量が多い人は積極的に摂取したい栄養素です。コリンは人間の体内ではアミノ酸から合成される為、しっかりとタンパク質を摂取している方であれば欠乏することは無いです。日本ではコリンの推奨摂取量は定義されていませんが、アメリカでは必須栄養素とされていますのである程度は積極的に摂取した方が良いかもしれません。注意点として、コリンが体内で代謝するときに魚やアンモニア状の悪臭を放つ物質が生成されるため、一度に大量のコリンを摂取するのは注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »