カルニチン:効果・効能

カルニチン

カルニチンは元々発見当初はビタミンBTと呼ばれていた物質ですが、体内で微量生合成されることがわかってからはビタミンBTでも呼ぶことはなくカルニチンで呼ばれています。カルニチンは体内においてはほとんどが筋肉細胞に存在しており、筋肉細胞内において脂肪酸をミトコンドリア内部に運搬する役割を果たすことから、ダイエットに効果があるとしてダイエット系サプリメントなどの形で販売されています。他にも元々の効果として心臓の働きを高める効果があることから心臓病の治療薬として活用されています。(心臓の筋肉を動かすためのエネルギーがカルニチンなのです)カルニチンは、加齢とともに肝臓や腎臓での産生が減り、肥満や疲労を起こす原因になっているともいわれていますので、気になる年齢になり始めたら摂取したいサプリメントの1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »