ビタミンU:効果・効能

ビタミンU

ビタミンUとは、キャベツから発見されたビタミン様物質です。ビタミンUと言う名より、キャベジンと言う名の方が知られているかもしれません。またキャベジンと聞いたら胃腸薬を思い浮かぶ人も多いと思います。実際にビタミンU(キャベジン)は胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にする働きがあるからです。主に胃腸の粘膜の組織をつくり、壊れた組織の修復、胃酸の量を調節し、過剰な分泌を抑え胃腸を守っています。ビタミンUは水溶性で熱に弱いのが欠点です、キャベツなどから摂取する際はなるべく熱を通さない様にするのが良いでしょう。またビタミンUは体内で作られるため、欠乏することは滅多にないのでそこまで意識をする必要性はないかと思います。胃腸の調子が悪い時などに積極的に摂ると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »