非必須アミノ酸:グルタミン

グルタミン

グルタミンは非必須アミノ酸で体内で合成することが可能なアミノ酸の1つで、体内で一番多く存在するアミノ酸でもあります。またグルタミン酸とは分子構造が似ていますが効果などは全く違います。グルタミンの働きは腸の働きをサポートしたり、筋肉を強化し筋肉疲労を回復したり免疫力を高める効果があります。他にもアルコールの代謝を促進する効果がある為、二日酔いの改善効果があると言われています。グルタミンは体内で合成されるため、欠乏する事は稀です。過剰摂取においても日常の生活で過剰に摂取する事はまずありません。40g以上のグルタミンを摂取する事は無いと思いますが、40g以上のグルタミンの摂取は肝臓にダメージを与えるので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »