非必須アミノ酸:アルギニン

アルギニン

アルギニンは体内で合成できるアミノ酸である為、非必須アミノ酸の1つですが、子供の場合は体内で十分合成できないため、必須アミノ酸とされています。非必須アミノ酸の中でも不足気味になるアミノ酸でもあります。働きとして、成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高め、さらにアンモニアを解毒する効果があります。アルギニンは生活用品などに使われており、石鹸などに界面活性剤としても活用されています。アルギニンを過剰摂取してしまうと消化器官に悪影響を及ぼし、胃腸が弱っている場合は下痢をしやすくなります。また子供が過剰摂取すると巨人症になる恐れがありますので子供への過剰に与えるのは注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »