非必須アミノ酸:アスパラギン酸

アスパラギン酸

アスパラギン酸とは、非必須アミノ酸の1つで、体内で生成ができるアミノ酸です、名前からアスパラガスに多く含まれています。主に体内でのエネルギー生成を促進し、タンパク質の合成や疲労を回復させたり、毒性を持つアンモニアを体外へ排出し中枢神経系を守るのを助ける働きがあります。他にも甘味料アスパルテームの材料でもあります。アステルパームは砂糖の200倍の甘みがあるにも関わらず、砂糖よりもはるかにカロリーが少ないです。アスパラギン酸が不足すると、体が疲れやすくなります。さらに、アスパラギン酸の働きであるアンモニアの排出が滞ることで血中のアンモニア濃度が高まり、肝性脳症などのリスクが高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »