非必須アミノ酸:プロリン

プロリン

プロリンとは非必須アミノ酸で体内で合成することができるアミノ酸です。アミノ酸なので主にたんぱく質を構成していますが、コラーゲンの主成分でもあります。コラーゲンと聞くと美肌などを思い浮かべると思います。コラーゲンはた、プロリンはコラーゲンの主要構成アミノ酸のひとつです。コラーゲンとは、丈夫な血管や筋肉、骨、肌をつくるたんぱく質の一種でもあります。プロリンは、ビタミンCと共に働き肌の再生を促します。そして肌の表面の古くなった角質は、内側から新しい肌が生まれると垢などとなりはがれおちていき、次の新しい肌が作られれば、ハリがあり、シミのない肌でいることができます。プロリンはタンパク質が少ない食生活ですと不足してしまいます、プロリンが不足すると、体内のコラーゲンの量が減少し、皮膚にできた傷の治りが遅くなったり、膝や腰などの関節に痛みがでるのでプロリン不足には注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »