非必須アミノ酸:グリシン

グリシン

グリシンとは体内で生成できる非必須アミノ酸の1つです。最も古いアミノ酸と言われており、生物が誕生する前の地球に存在していたと言われています。アミノ酸の中では分子量が最も小さく身体のいたるところでタンパク質の構成成分になっています。また女性には嬉しいコラーゲンを構成するアミノ酸でコラーゲンの約3分の1を占めています。グリシンの主な効果として睡眠に対する効果が高く、グリシンは血管を拡張させ、表面体温の上昇を促すことで体内の熱を放出し、体の中心温度を下げます。人は眠りに入ろうとするとき、自然と体の内部の温度を下げる為、グリシンは自然な睡眠へと導いてくれます。その為、質の高い睡眠を得れるとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »