非必須アミノ酸:チロシン

チロシン

チロシンとは非必須アミノ酸の1つで、体内で同じアミノ酸であるフェニルアラニンから合成され、神経細胞の興奮や抑制を伝達するアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質の原料となります。主な働きとしては神経や脳の働きをサポートするアミノ酸で、うつ病の改善、認知症の予防に良いとされています。他にも肌の日焼けのもとになるメラニン色素を生成するため、日焼け剤の成分として使われています。その為、過剰に摂取すると肌のシミやそばかすを発生させやすくする可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Translate »